南益行の「観光図書館論」

<旅>もしくは<観光>と<図書館>との関わりについて、最近少し話題になっている(「している」といった方が正確か?)。

しかし、その基礎となるべき「先人へのリスペクト」ができていなかったので、ここで改めて紹介したい。

南―彼についての調べは進んでいない。ご存知の方があればご教示頂けると幸い―は、この2ページの小論で、戦後盛んになってきた観光事業における一分野としての「観光図書館(仮称)」について、その果たすべき役割についてこう述べている。

思うに、広くは広大無辺なる世界の観光資源から、小さくは一地域の自然風土にいたるまで、活動する社会の波として、人類は永遠に散策する。その行く先々の、史蹟を物語る資料や、風土保全に関する計画書などの観光資料は、必ずや旅人を満足せしめるであろう。その道に関心を寄せる人ならば、大いに裨益するであろう。

これを踏まえて、以下、南の意見をまとめると、おおよそ次のようになる。

  • 従来の観光事業・観光活動に文化活動的な側面を持たせてそこに「観光図書館」の"framework"を作っていくのがよい。
  • サービスの主対象は観光客とする(無論、その他一般利用者へのサービスも妨げない)。
  • 従来あまり大きく取り扱われてこなかった郷土資料をより組織化・機能化して提供すべきである。また、その地の観光に関する写真・ポスター・地図・絵葉書なども取り扱うべきである。
  • 内外の観光客に宣伝し、図書館資料を提供する同時に、観光文化活動を促進するための種々の統計・調査を作成し発表すべきである。
  • 利用者に、適切な情報の提供を通じて快適な旅を供するには、「新しい観光文化活動を創造」できるような有能な司書(館員)が必要である。
  • 運営は、(1)国/自治体の観光所管部局ないし図書館が運営する公立方式と、(2)パトロンないし私立観光団体の出資による私立方式の2通りが考えられる。

ここには、「観光のための図書館」に必要な普遍的な要素の、そのかなりの部分が提示されているように思われる。今から50年以上も前にこの一文を書いた南の見識には感服せざるを得ない。と同時に、その後、この分野においてほとんど無策であった日本の図書館界には(自分への反省も含めて)残念な気持ちを抱いてしまう。
ともあれ、時代はようやく南益行に追いついた。